言葉を掴む仕事

テープ起こしをする

講演会や会議などでの発言というのは、正しく文章にすることで明確な意味を把握する事ができる事も少なくありません。
人の言葉というのは、すぐに忘れられる事も大いため、出来る限り文章として記憶する必要があります。
人間が会話の中で記憶できるのは全体の60%程度とされており、残りの40%は即座に記憶から忘れられてしまっているという研究があります。
また、多くの人に言葉を伝えるためにも、文章というのはとても効果的であるため、言葉を文章に起こす仕事としてテープ起こしがあります。

人が話す言葉を文章として残す作業は、現代では人の手によって行われています。
完全に機械化されるという話もありますが、言葉というのは人によって音域が違うため、機械だけでは正しく文章化する事が難しいのです。
そのため、現代でも多くの人がテープ起こしという作業を行っています。
しかし、素人がこのテープ起こしをする場合には、1時間程度の文章でも10時間近く掛かるとされています。

会議や公演では、場合によっては複数の人間が同時にかけ合いを行うという展開もあり得ます。
そうした場合には、10時間どころかより多くの時間が必要になってしまう事も少なくありません。
また、専門的な知識が必要な話であったりする場合にも、知識がなければ言葉を理解できないという場合もあります。
こういったケースには、素人ではなくプロのテープ起こしに依頼をするべきであると言えます。

会議の内容によっては、素人でもある程度文章に言葉を起こす事は可能です。
しかし、時間が掛かってしまうという場合もあり、その時間を有効に利用するためにも専門家に依頼すべきであると言えます。
専門家に依頼する事で、テープ起こしに掛かる10時間を本来の仕事に使う事ができるため、効率的に業務を行う事に繋がります。

また、文章をそのままの形で起こす素起こしは誰にでもできる仕事かも知れません。
しかし、無駄を省き分かりやすい形にする成文というのは、ある程度の知識と経験が必要になります。
そのため、多くの人と情報を共有したいという場合には、経験と知識を持つ専門家への依頼が必要になります。